長年にわたる吃音指導の実績に基づき、吃音症状を軽減・解消するための訓練装置や、吃音矯正プログラムを提供いたします

吃音矯正支援

ご案内

ご挨拶

長年にわたる吃音指導の実績に基づき、研究、開発された吃音症状を軽減、解消するための専門的な訓練装置や、吃音矯正のための学習プログラムを提供いたします。

吃音や病気の後遺症などのために、話しことばに問題を抱えていらっしゃるみなさんが、吃音矯正装置の使用や学習プログラムの実践を通して、自らの問題を解決し、QOL(*1)を高めてより積極的な生活を送られることをサポートいたします。

エビデンス(*2)に基づいた吃音矯正、解消法を重視し、提供しております。吃音矯正のための学習プログラムは、しっかり研究された裏づけがありますし、現在も日本を含め欧米の各大学で研究が続けられています。研究結果は論文として発表され続けています。トレーニングに使用します吃音矯正装置は、「聴覚遅延フィードバック装置DAF」を基に研究、開発し製作されたものです。

*1.QOLとはQuality of Lifeの略で、精神面を含めた生活全体の豊かさと自己実現を含めた概念。
*2.エビデンスとは、科学的根拠のことで、統計学的データをもとに解釈されるもの。

セルフ・トレーニングのすすめ

吃音矯正のための施設は全国にたくさんあります。また吃音矯正のための指導方法も数多くあります。あなたがその中から一軒の矯正所を選択し、直接足を運び、そこで提供している矯正法をじかに学び、指導を受けて吃音矯正の手ごたえを実感できるまで通い続けることができるとしたならば、それは何よりのことと思います。

しかし、吃音が軽減、改善されるまでには少々時間がかかります。吃音は、吃音矯正所に通った日だけトレーニングをすれば改善されていくというものではなくて、日常生活の中で絶えずトレーニングが繰り返されていくことが大事です。つまり、どんな立派な矯正所を選ぼうと、また、どんなに信頼性に足りる訓練法を習ったとしても、セルフ・トレーニングを自ら続けない限り、あなたは吃音軽減、改善のためのベストな方法を知ったに過ぎないのです。

あなたの、「スムーズにしゃべりたい!」という願いを叶えるには、あなたが「これならいける!」と感じた矯正法を実際に実践していくこと、そして、スムーズなしゃべりを実感できるまで、セルフ・トレーニングをし続けることが大切なのです。

そこで、無理なくセルフ・トレーニングを継続させ、成功させるためには、モチベーションが必要になってきます。そのモチベーションになるものが、「手ごたえ」です。一生懸命トレーニングを続けていても一向に改善が感じられなければ、だれでもトレーニング継続の意欲は落ちてきます。したがって、手ごたえが早めに実感できる矯正方法や、訓練装置を手に入れることが重要だといえます。

吃音矯正装置DAFは、早い方なら付けた瞬間からそのしゃべりやすさを実感していただけます。手ごたえを実感できるからこそ、使用し続けたいと思えるし、セルフ・トレーニングも苦もなく行えるのです。

しゃべりは、運動感覚ですから、たくさん声を出してしゃべろうとすることが何よりも重要です。確固たるエビデンスに基づいたトレーニングプログラムと矯正装置を用いて、あなたのしゃべりをよりスムーズなものにしてみてはいかがでしょうか。


アクセス

神奈川県横浜市中区住吉町1-6
MPS関内701
TEL:045-663-2672
受付:10:00~18:00
定休日:日月祝

↑ PAGE TOP